顔の感覚がなく常に頬が冷たい感じがする 40代 女性

【お客様のお悩み】

発症から1年・・・ありとあらゆる神経科に頼り通院し、漢方、処方箋など試したが症状は悪くなる一方。

顔の左側の感覚がなく、笑っていても笑顔が作れているのか分からない感じや常に冷たい感覚を自覚。

色々ネットで調べて、三叉神経痛と分かり、病院を頼ったが変わらず、さらにネットを探り近隣のKOKUAを見つけた。

施術1回目

名目上、美容鍼のメニューでしたが、治療施術の意味で三叉神経部分への鍼治療、体への鍼施術、骨格矯正でこの際、根本改善する意思で、東洋医学を探してきました!とのこと。

しかし1~6回目は多少の軽減はあるものの、大きな変化は見られませんでした。

ですが、体を良くしたいというお客様の意思を受け取り、経過を追わせて頂くことにしました。

施術5回目

まだ顔の感覚は戻らず、冷え感も不変。今までの経験もあるので、その辺は問題なし!覚悟の上!とのこと。

むしろ私たちの方がモチベーションを上げて頂けているような感覚になりました。

長らく悩んでいた三叉神経痛をちゃんと改善できるように、改めて、勉強をし直したきっかけにもなりました。

今まで顔面部に鍼をしても何も感じないくらいに鈍麻していた状況も、うっすらですが感じられるようになってきた。

 

施術10回目

症状はまだまだ不変・・・も5回目から感じ出せてきた響き度は、回数を重ねるごとに感覚が強くなってきましたとのこと。

部分的にではあるものの、ある1部の1箇所が表情を動かすことで少し動いている感覚があるような感じになってきた。

回数を重ねることで変化が出てきているので、根気よく一緒に頑張っていくことを約束しました!

三叉神経痛について詳しくはこちら

三叉神経痛