めまい、不眠、だるさなどで悩む 30代 女性

【お客様のお悩み】

発症から6か月。病院に通院しているが一向に良くならない。

時間の経過とともに悪化している感じがする。

症状の悪化とともに不眠の症状が強く出ている。

 

施術1回目

神経の問題なので、神経の通路である骨盤骨格の問題と神経そのものの循環不良が原因と判断。

鍼治療、骨格矯正を提案。体全体のバランスを取っていくためにの運動や生活の指導をした。

 

初回施術後の夜はかなりぐっすり眠れて、睡眠不足が改善されたような感覚でした!とのこと。

その他、神経系の疾患はなかなか根が深いので、大きな変化はなかったが、睡眠の質が変わったことで、だるさは残らないようなサイクルが回らないようになってきたとのこと。

施術3回目

不眠症状は早い段階で改善し、そのまま良い傾向で改善しているとのこと。

その結果、だるさも感じにくくなってきている。なので、嗣明不足からだるさが出ていたのでは?とだるさについては見当がつくとのこと。

施術は変わらずで、このまま自律神経への調整として、鍼治療と骨格矯正を週1回のペースで行い、めまい症状がなかなか不変のため、脳幹など運動を司る神経へのアプローチを鍼、矯正を通じてさらに改善を目指す。

 

施術10回目

なかなかめまいがしつこい症状だったが、ここに来て変化が現れたとのこと。

鍼と矯正は変わらずだが、その継続の結果、めまい症状も軽減してきている。

不眠とだるさはほぼ自覚がないに等しい感覚です。

3か月弱の経過だが、今までの病院での処方箋による治療?が嘘のように感じ、KOKUAに出会えてよかったと心から感じている。と仰っていただけた。

まだ、めまい症状は残るし、他にもお客様の習慣を変えるまでは、まだまだ色々と指導を含めて変えていくことが大切なので、これからも真摯に向き合い、よりお客様が幸せになれるようにお手伝いをさせて頂きます。

自律神経失調症について詳しくはこちら

自律神経失調症